化粧品と医薬部外品の違い、どちらの方が効果を期待できるのか

ピュアメイジングは医薬部外品!化粧品よりも優れていると言えるか?

 

ピュアメイジングは医薬部外品です。
それだけで化粧品よりも優れていると言えるのでしょうか?

 

ここでは化粧品と医薬部外品の違いについてまとめていきます。

 

 

私たちが普段から使用するスキンケア用品は、薬事法によって化粧品と医薬部外品に分類されています。正確に言えば医薬品と合わせて3種類で、効果や効能が明確に分けられているのが特徴ですね。

 

 

  • 医薬品と違うのは分かるけれど、化粧品と医薬部外品は一緒なのでは?
  • 化粧品と医薬部外品に明確な違いはないのでは?

 

このようにイメージしている方は多いものの、薬事法では化粧水や美容液など製品の種類に限らず違った位置付けとなっています。

 

以下では化粧品と医薬部外品がそれぞれどのように定義されているのかまとめていますので、違いについて見ていきましょう。

 

化粧品
  • 有効成分が入っていないので効果が保証されておらず、もしくは有効成分の濃度が少量で効果が低い
  • 医薬部外品と比較して得られる作用が穏やかで、即効性は期待できない
  • 病気の治療や予防は期待できず、「肌を清潔にする」「肌を魅力的にする」「肌を健やかに保つ」といった目的で使われている

 

 

医薬部外品
  • 医薬品と化粧品の丁度中間に位置する製品で、医薬品に準ずる効果を持っている
  • とある目的に対する有効成分が定められた量だけ配合されている
  • 「肌荒れを改善する」「ニキビを治す」「皮膚を殺菌する」「日焼けによるシミを防ぐ」といった効果や効能を持つ
  • 医薬品と比較して作用は穏やかだが、長期使用の場合は副作用を及ぼすケースがある

 

 

どちらにしても肌へと良い影響を与えてくれる点では変わりありませんね。

 

化粧品でも医薬部外品でも化粧水であれば、肌へと潤いを与えて保湿して乾燥による肌トラブルを未然に防ぐことができます。しかし、有効成分がきちんと含まれているのかどうかが化粧品と医薬部外品の大きな違いで、化粧品のカテゴリーに入っている製品だと劇的な変化は見込めないのです。

 

化粧品と医薬部外品のどちらの方が効果を期待できるの?

 

 

化粧品と医薬部外品のどちらの方が効果を期待できるのか、疑問を抱えている女性は多いのではないでしょうか。

 

この点に関しては、「○○○の方が良い」と一概に決め付けることはありません。

 

化粧品と医薬部外品と比較すると、次のようにメリットに違いがあります。

 

  • 化粧品のメリット⇒確実な変化を見込めない代わりに肌への安全性が高い
  • 医薬部外品のメリット⇒厚生労働省から有効成分の効果が認められている

 

 

個人の肌質や求めている効果によっても違いがありますので、化粧品なのか医薬部外品なのかあまり神経質にならなくても良いでしょう。

 

どちらかと言うと、自分の肌質や目的に合っている製品を使って日々のスキンケアを念入りに行う方が大事です。ただし、アレルギー体質の人は医薬部外品の使用で少なからず副作用のリスクがありますので、念のために医師へと相談してみてください。