実はけっこうやっている?お肌に負担をかける4つの洗顔方法

実はけっこうやっている?お肌に負担をかける4つの洗顔方法

朝と夜、洗顔は毎日行うからこそ、適切な方法を知っておくことが大切です。

 

 

当たり前だと思っていた洗顔方法が、実はたるみやシミの原因になっている…なんてことがあるかもしれません。ということで、実はお肌に負担になってしまうかもしれない洗顔方法について、4つほど触れてみたいと思います。

 

W洗顔はいる?いらない?

 

W洗顔が不要のクレンジングや洗顔もありますが、基本的にはきちんとW洗顔を行なうのがオススメです。クレンジングは化粧の油性汚れを、洗顔は皮脂などの汚れを落とすので、役割が違うのです。

 

どちらかの汚れがお肌に残ってしまうと、毛穴のつまりなどの原因になってしまうこともあり、お肌に負担をかけてしまいます。結果としてニキビや肌荒れ、くすみなどを引き起こしかねないので、普段からきちんとW洗顔をするように心がけてください。

 

 

洗顔のあわ立てはネット?素手?

 

洗顔料にもよりますが、できれば素手がオススメです。たしかに洗顔ネットはあわ立ちも良いのですが、ネットの網目の大きさに合わせて泡が作られてしまうという弱点があります。当然ながら網目は毛穴より大きいため、出来上がった泡は毛穴に入っていきづらくなってしまいます。

 

泡で汚れを吸着して落とす洗顔ですが、泡が汚れに届かなければ意味はありません。毛穴に汚れが残ってしまうと、やはりニキビなど肌荒れの原因になってしまいます。ということで、できるだけ小さな泡を作るためにも、素手であわ立てを行なってみてください。

 

ちなみになかなかあわ立たないという場合は、少し水を足してあわ立て、少し水を足してあわ立てと繰り返して行うことで、徐々に泡が出来上がっていきます。

 

 

 

洗顔の方向は、下から上へ

 

泡をいざ顔に…というときに意外と多いのが、おでこや目元などから洗っていくこと。思い当たる方も多いのではないかと思います。顔の上から下に向って洗っていくのは、実はNG。手の力が上から下に掛かってしまうため、いわば『リフトダウン』のマッサージをしてしまっているような状態です。

 

洗顔をするときは、必ず顔の下側から上に向って力を掛けていくようにしましょう。洗顔をしながらリフトアップマッサージのような効果もあるので、一石二鳥です。

 

 

 

洗顔直後は必ず化粧水を

 

洗顔後のお肌は、1日の中で一番無防備です。油分が落ちていることから、水分が蒸発しやすく、すぐに乾燥してしまいます。

 

ですので、洗顔後はすぐに化粧水をつけてください。オススメは、洗面所などに化粧水を置いておくこと。そうすれば、タオルで拭いた直後に化粧水を塗ることができます。

 

 

いかがでしたか?ドキッとしてしまった方も多いのではないでしょうか。毎日行う洗顔だからこそ、小さな違いが積もって大きな差になっていきます。

 

『落とす』より『与える』ほうがスキンケアにおいては重視されがちですが、きちんと汚れを落とさなければ、お肌に栄養も入っていきません。

 

上記の4つはどれも難しいものではないので、ぜひ今日の洗顔から取り入れてもらえれば嬉しいです!